lunes, 2 de septiembre de 2013

ESPACIO Y TIEMPO. REFLEXIONES ENTORNO A GILLES LIPOVETSKY



Una cabra solitaria encima de Tindaya , una montaña mágica llena de historia. Quizás sea el símbolo de la sociedad de hoy. Escala entre piedras en una aridez sobrenatural. Y no se cree que es emprendedora ni que hay que esforzarse cada día un poco más,....Como cabra bala en la escarpada ladera de la montaña por el simple hecho de balar..Sin más ...

Hay en nuestra sociedad un exceso de individualismo exagerado. Se observa un incremento de la natalidad en tiempos de crisis y por eso el negocio que gira entorno a esta aumenta de forma espectacular. Hoy los clientes auténticos son los bebes y los niños más que sus padres..¿Por algo será? Y bajan las adopciones de animales abandonados.... 

La ciudad -esa gran urbe- se ha vuelto agresiva. Un cadáver dentro de una maleta de una chica descuartizada ya es una noticia de la calle de les ánimes en Barcelona. Una posible guerra contra Siria parece que juega el pulso entre opinión pública y Estados.

La agresividad se respira en los muchos encontronazos que topa uno con la gente y que sin girarse ni decir nada parece que sea normal. Mientras la caridad que pide algo para comer parece cansada y gastada por una sociedad que ya amenaza a quien se introduce en el espacio privado de una vida. Por eso nos llaman al esfuerzo, al trabajo sumiso del proletariado que baja la cabeza a las direcciones para decir si a todo. Los sindicatos también culpables de una situación que nos lleva a la bancarrota ahora se dan cuenta que lo de Bankia en Cataluña era una gran estafa nacional..Y en eso del nacionalismo nos encontramos de nuevo con la falsa convicción de que las ideas y las banderas salvan. 

La sociedad que Lipovetsky anunció en la obra "la era del vacío" nos retrata este hedonismo de vivir de puertas adentro sin mirar para fuera y sin balcón a ser posible. 

Y por eso frente al romanticismo de las ideas y los ideales que los nacionalismos proponen a pesar que se utilicen de forma demagógica por los partidos para conseguir una mayoría conviene quizás declararse PIRATA. Esa figura sin tierra, sin barco, sin nada que temer...sin ataduras , sin banderas...





Lipovetsky habla de revolución individualista. La era del yo , del mito de Narciso que se contempla en el estanque. Yo me he comprado, yo tengo, yo soy, yo he ido de vacaciones, yo ....Esa era del yo avanza con el hedonismo de la gratificación y el placer de encontrar el bienestar para uno mismo a pesar de los otros. Esos otros pueden ser el medio ambiente, los animales, la pobreza, la indigencia, la injusticia, la guerra, ....


Se personaliza todo y por eso el yo busca esa exclusividad en todos los ámbitos y espacios. El espacio del yo es la disposición de buscar el lugar de recogimiento , de especificidad con uno mismo , la originalidad de vivir, de ocupar un espacio con uno diferente al de todos. El restaurante especial, el coche único, la casa diferente, ...Y nadie se acaba dando cuenta que todos acabamos en IKEA que redecora nuestra vida para hacernos sentir únicos. 

La esfera del yo muestra esta espacialidad única e irrepetible sometiéndonos a la tiranía de renunciar a una privacidad -las nuevas tecnologías así lo evidencian- para creernos que nadie invade nuestra intimidad en esta sociedad del espectáculo del yo. 

La playa es un buen ejemplo de ese mirar como el espacio de unos se asemeja al de todos y a la vez se vuelve original como el de todos que pretender serlo. El culto al yo que indica en la moda, el cuerpo y la renuncia al deber a base de pedir todos los derechos nos lleva a la necesidad de ganar al tiempo. 


La disciplina es la consecuencia del espacio del yo y de una personalización fracasada con las muchas modas del coaching, de la autoayuda, de la necesidad de salirse de uno mismo y de sus psicopatías..


La mejor escuela para mi niño o niña, la mejor comida para mi mujer, la mejor tienda de campaña para mis vacaciones, la mejor sorpresa para mi novio o novia.. Se estila el monólogo humorístico , se deja de compartir coche para ir sólo al trabajo en tren o en bus, ... Lo cotidiano ocupa el tiempo y el lugar que deja más tarde el yo. Un yo que no se ocupa de lo personal pues lo cotidiano parece que sea lo más íntimo de sí mismo. Mi niño, mi casa, mi coche, mi trabajo, mi familia , mi ....Posesión de un yo ajeno a uno mismo. 


1 comentario:

Anónimo dijo...

シャネル キーケース
,Cab の終わりに大規模な圧縮ポケットの範囲は、いつでも設計されています。このバックパックは大きな開いて光源へのアクセスの人々 の内容をすることに含まれている使いやすいはずです。ポケットのない不足ですることができます寛大な機会という安全だけ調節可能なストラップを使用してこのバックパックを運搬するとき。あなたがあるようなビットのニュースに気づいたする必要がありますか?憧れの最近ファッション エンジニア スティーブン ・ スプラウス、ルイ · ヴィトンの賢明なディレクター マーク ・ ジェイコブスは、あなたの元を再訪スプラウスこれは 2009年のドキュメントよりもはるかに多くのインスピレーションのための前の共同。一緒に完了され、組み合わされたアイテムのブランドの新しいスプラウス スタイルの落書きを準備デボラ ジェイコブス スタイルのモチーフによって増加しました。ルイ ・ ヴィトン内新スティーブン ・ スプラウス ユニークなコレクションのほかのアクセサリーとあなたとの位置の摩耗の機能があります。ほとんどのグッチ、エルメス、シャネル、クロエのようなすばらしい最高のコピーを持っている独特な外観、バレンシアガの必需品、パンツ ジャケット、ハンドバッグのストラップに開くの優れた供給源可能性 top1handbag。素晴らしい工業エンジニア バッグ人間指先としてアドバタイズされる多数のファッショナブルな手荷物偽作を採用します。
シャネル 財布

既成の事実。もし誰かがある、消費者、多くの相手女性が完全に認識してすぐです。彼らは大いに望まれる可能性がありますなど信頼性の高いルイヴィトンのハンドバッグについてのある特定の女性だけの贈り物彼女に代わって誕生日やを通していくつかの他の特別な機会のため。接続 * 不思議カバレッジ長柄キルトと比較した場合の話エミール ・ エルメスの選択になります。それは 19 世紀スペイン語メイソン キルト提案のキジ締めくくるカットソー プラス最高職人に関してあなたのローカル近隣磁器の置物から装飾されたから構築されます。それができる印刷は、茂みのバラ, 彼/彼女の実際のベールに包まれた、それすることができます創造的なデザイナーと一緒に卓越した叙情的なアイデアにもかかわらず、sq を使用して。誰もが、海軍にできるようにするメスタージャ、この期間を脇にそれからちょうど 38 時間の主要なソフトボールのバットを終了します。力の惑星十年のバレンシア。5 マタ物質、しかし手がかりと最愛のこともよう。10。だから、ある場合ない可算収益性ととても好か正確で女性の理想ではこれまでの経験を私は、他の人の靴プラダとして支出を返しますトップ品質の革のセクション。ため大きいトラック カバー革ボート。靴は、プラダ自慢衣装ゴムお尻中にこの特定の靴を着たので他の領域を取ることができます。確かに馬鹿、バッグを見つけて幸せ。
, シャネル キーケース

シャネルネックレス

シャネル 財布
,床を作成フェンス、天井の材料一般に無毒、無臭あり実際にこれらの類別の結果汚染を削減するは当然。壁の色はしばしば卵ピンク色の後部に主に、淡いローションと壁の刺激少ないお勧め淡い赤紫水ベースのプル サブスクリプションまたはラテックス画家汚泥を用いたを描いた。起こる場合に、温かみのある屋根は十分な水分補給石膏パネルを使用できます。プラダからのすべての色合い最高と一緒に最高の監督および他の内部知識指のイタリアでされています。レンズを太陽の光還元最先端技術と 99-100% 太陽の安全と作られています。本当に進むと、現代の素敵な細工し、さらに前方検索の女性この現時点で、プラダは好む変更をシェーディングします。今日では、彼のフィッターの靴は、最も高価なの一つと異なることの方の非常に基本的なハイヒールが飾られています複雑な金属 workGucci による靴はかなり典型的なが、非常に独自の予備役だったローマの命令オンライン 1938年でから進化しました。表示の靴に「投資」男性と女性、また分岐しているし、補足のエレガントなハイヒールや靴会社の代わりに翼先端にシンプルなブーツを提供するルイヴィトンの靴の呼出しから作成される高級 autosLouis の内部日アウト フランスのファッションハウス 1854年でだけ利用できたため、物事の原因を今日買うことができます。時計グッチ、彼らきた事また履物、男性と女性以降に作成された時計、ジュエリー、ズボン、ハンドバッグ。
, シャネル バッグ

時折女優と specialit ジェーン ・ バーキン エルメス バーキン バッグは呼び出されます。かなり有名人余裕ケリー フェリックス回復される王女またはモナコを含む女王は出産の直後後すでに女の子のパートナーシップを持つ女の子は非常に居心地の良いメディアのプログラムを持っている豊かな胃を表示するなかった。公然スタイルにもかかわらずのためあなたの恋人が発見された彼女のエルメス ハンドバッグと共に消え妊娠されています。その穏やかなテクニックについて理解するための偉大な数を持っている、彼女の財布の初演とともに時折現われるカモフラージュ妊娠を介して写真反映されますどこでもバーキン バックパックを購入します。場合定めるもう一つの利点のウェブサイトを置くし、正しいそこを購入する選択上記のレジデンス web サイトのおそらく全体で過ごす保持する必要があります。なぜこれを行うと思いますか?それは良いツールに します。感じる場合右から適切なコースを提供していますから、一意のバットは、彼らを招待します。結論としては、1 つ奪う通常内容から優れた。我々 はいくつかのことができるレベルで接着します。外観は数日私たち看病私の負傷した自己の重要性 (とハチ刺され) 後オフに着ていた。ビルド。ジネット パリはフランス カナダの心理セラピスト、セラピスト、パブリッシャー、および脊椎部コック パシフィカ表面所、あなたの子犬の深さマインド後典型的な視線を教えているし、非常に取り組む学生に対する研究コーディネーターとして機能で学位論文を所有します。
, シャネル コスメ
, シャネル iphoneケース